「もう運動しないでください」そんな頚椎椎間板ヘルニアの方に朗報【廿日市市】|首痛!整形外科に行く前にできることがある?その驚愕の事実とは?

・ここに載せたい情報を書いて下さい

・ここに載せたい情報を書いて下さい

・ここに載せたい情報を書いて下さい

「もう運動しないでください」そんな頚椎椎間板ヘルニアの方に朗報【廿日市市】


「普段の日常生活や仕事でどんなことを気をつけたらいいですか?」



頚椎椎間板ヘルニアになると運動やスポーツしたらダメなんですか?」



この内容は頚椎椎間板ヘルニアの患者さんからよく質問をされます。



もちろん気をつけた方がいいこと、こんな運動はやらない方がいいことはあります。



そこで今回は頚椎椎間板ヘルニアの方が気をつけた方がいいことや運動について説明していきたいと思います。


upset-2681502__480.jpg


まず頚椎椎間板ヘルニアの原因とは?





さて、まず先に結論を言わせていただきますね。



頚椎椎間板ヘルニアの人が、一番気を付けなければいけないことは、首に過度の負担を与えない事です。



何故首なのか?



ご存じの人も多いと思いますが頚椎椎間板ヘルニアは首の骨が変形し、近くの神経を圧迫して痛みを発生させる疾患です。



そのため、首の神経を圧迫しているのに過度な運動をすると首に負担を与えてしまい、症状は悪化してしまう訳です。



しかも、頚椎椎間板ヘルニアになっている方は特に、仕事や日常生活の中や運動などで首に負担のかかりやすい動作を繰り返している人が多いんです。



つまり頚椎椎間板ヘルニアの方は首に負担がかかる動作をなるべくやらないということが早く良くなるための近道なんです。



もちろん、ここからはもう少し細かく具体的に説明させていただきますね。


頚椎カラー.jpg


首にとって負担になる動き





首にとって負担のかかりやすい動作は、首の骨の解剖学的特徴から説明する事ができます。



頚椎(首の骨)は関節の構造上、首の後屈(上を見上げる動作)と側屈(首を横に倒す動作)の動きには適していません。



後屈(上を見上げる動作)と側屈(首を横に倒す動作)は、特に神経を圧迫しやすい動作ですので気をつけてくださいね。



それ以外の首の動作、首の前屈(顔を下に向ける動作)や回旋(横を見る動作)に関しては、首の関節の構造上、負担が少ない動作ともいえます。



しかし、本来は負担の少ない前屈(顔を下に向ける動作)や回旋(横を見る動作)でも、首だけを単独で動かすと首には負担が入ってしまいます。



どうゆう意味なのか詳しく説明させていただきますね。


filmmaker-2838945__480.jpg


どの関節でもそうなんですが、何か作業をしようとした時に、一つの関節が単独で動くという事はまずありません。



歩行なら、股関節、膝関節、足関節が連動して動きます。



手作業なら、肩、肘、手首、指が連動して動きます。



逆に言えば、本来はいくつもの関節を連動して動かなければいけない作業で、一つの関節を単独で動かしてしまうと怪我の原因になるわけですね。



首で説明すれば、例えば右に顔を向けた時に、首の動きと連動して、体も少し右に向けていれば首への負担は少なくすみます。



逆に、体は全く動かずに、首だけが単独で右に向いてしまうと過度な負担が首に入ってしまいます。



例えば顔を下に向けた時に、首の動きと連動して、背中を丸めるように下を向いていれば首への負担は少ないです。



逆に、体は全く動かずに、首だけが単独で下を向いてしまうと、過度な負担が首に入ってしまいます。



このように、関節というのは単独で動く事はほとんどなく、単独で動かしてしまうと痛みの原因になってしまうんです。



首の動きも同様に、首を動かす時は、動かす方向に体も連動して動かさないと負担になってしまうため、気をつけてくださいね。



ここまでは、首の動きに関して説明させていただきましたが、首は腕の動かし方などでも場合によっては負担になってしまいます。


てこの原理.png


人間の関節というのは「てこの原理」で動いています。



結論としては重量物を少ない力で持ち上げる原理です。



作用点、支点、力点の3点で支点が作用点、つまり重量物に近くて支点から作用点までの距離が長いほど力点に費やす力が少なくてその重量物を持ち上げることができる原理です!



簡単にいうと、支点より作用点が遠くなれば多くの力が必要になり、近ければ近いほど少ない力で作業ができるってことです。


人間の身体で言い直しますと、自分の立っている位置より遠くで作業をすればするほど、支点になる首や肩甲骨には負担が大きくなり、近くで作業をすれば負担は少なくなるという事です。



何か作業をする時は、できるだけ作業をする場所に近づいて作業をすれば、首への負担は減らせます。



逆に遠ざかれば遠ざかるほど、首への負担が増えてしまいますのでお気をつけください。



簡単に言えば、腕を伸ばした状態で作業をするのはやめて、少し曲げて作業を行ってください。



もしそれができないなら、自分の身体ごと近づきましょう。



どんな運動がNGなの?




girl-2161238__340.jpg


水泳



水泳と頚椎椎間板ヘルニアとの相性はあまりよくありません。



プールでウォーキングなどを行なうのであればそれほど首に負担がかかることは少ないんですが、泳ぐとなるとちょっと話が変わってきます。



頚椎椎間板ヘルニアの場合、首を後ろに倒したり、首をひねったりすることで首に大きな負担がかかり悪化してしまう事が少なくありません。



水泳の場合、クロールで息継ぎを行なう場合、首を左右どちらかにひねりますよね。平泳ぎなどの場合も息継ぎの時は頭を後ろにそらせますよね。



これらの動きは首に大きな負担をかけるために、もし泳ぐとしてもかなり症状が軽減してからでなければおすすめできません。


女性 肩甲骨 ムキムキ.jpg


ウェイトトレーニング



ジムなどで行なうウェイトトレーニングも首を直接鍛えるような物は当然ですが、上半身を鍛えるトレーニングも頚椎にかなりの負担をかけます。



それじゃあ下半身のトレーニングなら行なってもいいのか?



って言うと、下半身のトレーニングを行なっている際にも頸部の筋肉はかなりの緊張状態になるという調査結果があります。



なので頚椎椎間板ヘルニアの場合には、首や上半身のトレーニングはもちろんですが、下半身のウェイトトレーニングであっても、症状がある程度軽減するまではおススメできません。


bicycle-1838605__340.jpg


自転車



ここ数年は、自転車に乗られている方を見ることが多くなりましたね。



実際に休日は友達とサイクリングへ出かけたり、数十キロを自転車で走るという方も少なくないでしょう。

ですが頚椎椎間板ヘルニアの時には自転車に乗るのも注意が必要です。



と言うのも、最近よく見かけるようになったスポーツ用の前傾姿勢の強い自転車ほど首には負担がかかってしまいます。



また、砂利道や段差があるほど、その衝撃は最終的にすべて頚椎にまで波及してしまうので、自転車を降りてから痛みが強くなることが少なくありません。


sport-2675948__340.jpg


テニス



テニス自体がかなりハードなスポーツであり、頸椎にとってはボールを追って動き、ボールを打ち返そうと急に止まった瞬間の衝撃はかなりのものです。



また、頚椎にかかわる腕や肩、背中の筋肉も酷使するために頚椎椎間板ヘルニアの痛みや痺れなどの症状が強い方にはおススメできません。


walk-2635038__480.jpg


ジョギング



ジョギングもここ数年はブームで、行なわれている方も増えましたね。



使用するのは主に下半身だから問題ないと思われるかもしれませんが、ジョギングを行なっているときは身体の上下運動はつきものです。



その上下動の振動は、すべて頚椎に来てしまします。



なので頚椎症や頸椎ヘルニアの方には症状がある程度軽減するまではおススメできる運動ではありません。



症状の軽減とともにウォーキングや短い距離のジョギングから行なうようにしてください。


golfer-2093095__340.jpg


ゴルフ



男性の中にはゴルフをされている方もまだまだ多いでしょう。



ゴルフは腕や背中の筋肉を使うものの、無茶な数のボールを打ったりしない限りは比較的頚椎にかかる負担は少ないスポーツであるといえます。



ですがこれは、あくまである一定以上の技術をお持ちの方に言えることです。



私自身も打球場に行った事もありますが、うまくないとスイングで身体の軸はぶれてしまうは、ボールを追ってしまって首はひねるは、上半身に余計な力が入るは、かなり頚椎に負担をかけてしまいますね。



ですのでゴルフに関してはかなり個人差が大きいスポーツですので、自分の技術と要相談しながら行なう必要がありますね。


IMG_1400.jpg


まとめ





ここで一度簡単にまとめさせていただきますね。



頚椎椎間板ヘルニアにとって気をつけることは大きく分けて次の3つです。



首の後屈(上を見上げる動作)と側屈(首を横に倒す動作)



首を動かす時に、連動して体を動かさず、首だけを単独で動かす行為



手を使った作業時に、腕を伸ばして自分の位置より遠くで作業をする行為





こういった動作を気をつけることで症状の悪化や症状を早く良くすることができます。



逆に普段の日常生活や仕事で、こういった動作が多い人は頚椎椎間板ヘルニアになりやすいです。



もし整形外科で頚椎椎間板ヘルニアと診断されて「もうスポーツは禁止です」と言われた方。



でも趣味であるスポーツだけはやりたい、そんな方はこちらへ

↓↓↓

楽しいスポーツをやめたくないあなたへなごみ施術院.jpg



 





2018.07.14 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます