首こりを早く改善するためにやることはたった1つ【廿日市市】|首痛!整形外科に行く前にできることがある?その驚愕の事実とは?

・ここに載せたい情報を書いて下さい

・ここに載せたい情報を書いて下さい

・ここに載せたい情報を書いて下さい

首こりを早く改善するためにやることはたった1つ【廿日市市】


首こりはただのこりではありません。



首こりを放置すれば体中の痛みに繋がります!



首こりの原因や原因の筋肉についてご紹介します。



原因がわかれば良くなりますしね(^^♪


upset-2681502__480.jpg



こんな人は要注意ですよ





首こりに悩む人は、次のようなことに思い当たりませんか?



スマホ操作や読書に集中しがち





長時間同じ姿勢でいると首の筋肉に負担がかかり、首こりが起きやすくなります。特にスマホやPC、読書に集中するあまり、うつむいた状態で長時間過ごしがちな人は要注意です。



首や肩が出る服をよく着る





キャミソールやホルターネックなどを着ることで首や肩が冷えると血めぐりが悪くなり、疲労物質や発痛物質がたまりやすくなります。



枕やメガネやコンタクトが自分に合っていない





枕の高さやマットレスの沈み込みなど、寝具が身体に合わないことも首こりの一因になります。



また、メガネやコンタクトが目に合っていない場合も首がこりやすくなります。


肩.jpg


首こりの原因とは?





インターネットやスマホの普及によって、目と脳を酷使する時間が増えたため、首こりを訴える方が増えているように思います。



首こりは肩こりとは違います。



今や子供でも首こりを抱えているケースが少なくありません。



首こりと肩こりに関わる2つの筋肉に疲労物質がたまり、硬く縮んでしまうことにあります。



筋肉が硬くなってしまうと痛みが発生してしまうんです^_^;



首こりの原因の筋肉2つをご紹介




女性 肩甲骨.jpg


1.肩から背中を覆う大きな大きな筋肉



首の後ろから肩、そして背中の表面の広い範囲をおおう大きな筋肉は僧帽筋(そうぼうきん)と言います。



私たちが日常生活の中で行う動作は、パソコン、家事、育児、等ほとんどが身体の前面で行う動作です。



こういった動作を長時間に渡って続けていると、その動作を維持している僧帽筋が緊張しやすくなります。



さらに放っておくと、こりがどんどんと強くなっていきます。



僧帽筋がこると首の付け根や肩がはり首こりの原因につながります。



さらにこりがひどくなると肩甲骨の下縁あたりまで痛みを感じるようになるので、早めのケアが重要です。


女性 首.jpg


2.首を支える大切な大切な筋肉



もう1つは耳の後面あたりから首の側面を通り、鎖骨へとつながる胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」です。



頭を動かす時に使う筋肉で自律神経やメンタル面とも深くかかわっている筋肉です。



首の側面にこりを感じる方はこの筋肉がこっている場合が多いです。



また胸鎖乳突筋が首こりの原因になっている場合はその元となる原因に悩み事やストレスなど、精神的な疲労がたまっている可能性があります。



また、胸鎖乳突筋は呼吸を補助する作用もあるため、風邪や花粉症などで呼吸器系に負担がかかると、そのことも胸鎖乳突筋がこる原因となります。



元々喘息などで呼吸器系の疾患をお持ちの方は、より頑固なこりになっていることが多いので十分な注意が必要です。


女性 怒り.jpg


精神的な疲れも原因





首こりというと以前は首の後ろ側がこっている人が多かったのですが、近年はこの「首の側面がこる」という首こりが急増しています。



首の側面のこりは、プロでもほぐすのが難しく、一時的なリンパマッサージをした程度では、首こり解消までには至らない場合もあります。



精神的な疲れが、側面の首こりの原因になるとともに、首こりが生じることで「眠れない」「集中力がなくなった」など新たなメンタルの疲れを引き起こし、負のスパイラルに陥ってしまう場合もあります。



慢性的なこりだからと諦めずに、毎日少しずつケアをすることで、大事に至らずにすみます。



しっかりとケアしてくださいね。



ただし、首こりはセルフケアではなかなか解消できないのも事実です。


冬 女性.jpg


寒さと首こりも原因!?





やはり寒さが厳しくなる冬は身体の節々に痛みを生じやすい最大のシーズンといえます。



気温が下がると血管の収縮などが起こるため、血行が悪くなったり酸素や栄養の循環も滞ったりし、身体は老廃物が溜まりやすい状態になります。



そのため筋肉が硬くなってさらに血行が悪くなり、ますます筋肉が硬直します。



冬場の身体こりや痛みは、こうした悪循環の繰り返しによって起きると考えられます。



さらに寒さの厳しい日に戸外に出たりすると、ついつい身体を丸めてしまい姿勢まで悪くなります。



しかも冬は厚着になるため身体が動かしにくく活動性も低下することで体の血行が悪化します。



また冬は重ね着をしてしまうので首こりの原因になります。


首痛.jpg


どうやったら早く首こりが改善する?





どんな治療をしてもらえるのか?



どんな技術があるのか?



確かに治療や技術も大事です。



でもそれ以上に大事なことがあります。



それは「習慣」です。



習慣といっても



生活習慣



体操する習慣





です!



どんないい治療してもどんないい技術をもっている先生がいても、家に帰って悪い生活習慣、姿勢が悪かったり、身体がゆがんで、また痛みがでます。



つまり日々の積み重ねで早く良くなるか時間がかかってしまうのか、決まってくるんです。



ということはいい生活習慣ができて毎日家で体操ができたら、それが習慣になれば、良くなるということです。


weights-1948813__480.jpg


早く良くなるためにもっとも大事なことは?





肯定的な考え方です!



「ダメだ」



「できないかもしれない」



「自分には無理だ」



それを


「難しいが、面白そうだ」



「やりがいがある」



「ピンチをチャンスに変えてやろう」





というように、すぐにそれを肯定的な思考に切り替える!



このような習慣がもっとも大事になります。



あなたの未来を大きく変えるのは習慣です。



もし自分では習慣を変えれそうにないのであれば廿日市市のなごみ施術院までラインでご相談ください!

↓↓↓

 







なごみ施術院.jpg




2018.07.26 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます